【日本遺産文化財】坊領道

江戸時代まで大山寺領であった坊領は大山寺の北端部にあたります。伯耆西部の海岸の方から大山寺へ向かう大山への主要路の一つでした。海岸部から坊領を通過したことから、坊領道と呼ばれました。

坊領道へ続く道は3つあります。まず、日本海に面した御来屋宿から進んで上高田で阿弥陀川を渡る道。次に伝統的建造物保存地区としても知られる所子から平を通り坊領へ登る道。最後に淀江宿から長田を通り平から坊領、もしくは長田から宮内を通り佐摩から大山寺へ向かう道がありました。